名古屋市中区東区☆ママの習い事☆赤ちゃんの味覚を守るおいしい離乳食・幼児食教室

【愛知県・名古屋市中区・東区・昭和区・千種区】 離乳食インストラクター協会認定講師が開催する離乳食教室です。 基本的なことから学びたい! 進め方が分からない! 離乳食をもっと詳しく知りたい! うまく進まなくて困っている! など、色々な要望にお応えする講座、教室を開催しています。 ママ友との参加もパパとの参加も大歓迎☆

名古屋市の中区・東区・千種区を中心に離乳食講座を開催しています。

「離乳食はいつから?進め方は?」「食べない。遊び食べ。」など色々な疑問や悩みを解決しましょう。

保健所や小児科以外で離乳食を学んでみませんか?

募集中の講座はこちら☆
http://nagoya-rinyushoku.blog.jp/archives/7628238.html

切り干し大根はいつから食べられる?


離乳食インストラクターの河崎です。




なんだか寒くなりましたねぇ。。

風も強いので息子は何度も吹き飛ばされそうになっています




さて今日は切り干し大根について触れてみようかなと思います。

adfc4fe3775a5c6a2d16ed785e9d7414


切り干し大根はカルシウムや鉄分、カリウムが豊富で

独特のうまみがあります。


いつから食べられるの?


赤ちゃんに与える場合は後期以降にしましょう。




切り干し大根は繊維が固い食材なので

最初は少し小さめに切ってもいいかもしれません



問題なく食べれているようなら

月齢に応じた大きさにして与えてみましょう。



また切り干し大根は鮮度がとっても大事。


開封後は早めに使い切りましょうね☆




後期の赤ちゃんにはだしで煮て

醤油で風味づけするといいですね。

食べやすいようにとろみもつけてあげてくださいね。



切り干し大根のお味噌汁も美味しいですよ☆

大人も楽しめます






LINEで更新通知が受け取れます。
ぜひ登録してくださいね




お弁当箱を選ぶ基準は?


離乳食インストラクターの河崎です。



みなさんお花見は行かれましたか?


春はお出掛けが楽しい季節ですよね。



新学期と言うこともあり

買い物に行くと普段よりも沢山のお弁当箱が

並んでいますね☆



最近はオシャレなデザインが多いので

何個も欲しくなってしまいます






大人用のお弁当箱は

自分の食べられる量に合わせて買うかと思いますが


子供用のお弁当箱はどんな目安で選んでいますか?




1番大事なのは子供の食欲に合った大きさを選ぶことです。



一応目安をお伝えすると

 お子様が1歳~2歳くらいなら350ml程度

3歳~5歳前後なら400~450ml程度が目安です



配分は主食3、主菜1、副菜2くらいがおすすめです☆

栄養バランスが整いやすくなりますよ☆




LINEで更新通知が受け取れます。
ぜひ登録してくださいね




食器の買い直しです。。。


離乳食インストラクターの河崎です。




昨日息子のご飯用のプレートを真っ二つに割ってしまいましたー!!!



お気に入りのプレートだったのでショックです。。。



今の時期はスプーンを使って食べることが多いので

ちょっと深めのプレートが使いやすい時期なんですが

売っているのって案外浅いのが多いんですよね。



手づかみの時期は浅いので良かったんですけどね。



買い直しです





ちなみに割れたのはこれ。

9183-059
ラシェーズロングの食器です



ワンプレートにすると良く食べる息子。


ワンプレートにしにくいメニューの時は

それぞれの別のお皿に盛りつけますが

まとめてお盆の上に置いて出すと良く食べます☆


お盆の上に置かないで出すと

どれかのお皿が手つかずで残ります。


「このスペースのものを食べるんだ」

と分かったほうが食が進むようです。


こちらも日々勉強です。


新しいプレートを買ったらまた紹介します



スプーンを使い始めた赤ちゃんをおもちのママで

今から赤ちゃん用に食器を買おうかなーと

思っている方がいらっしゃたら

お皿の底面と側面が直角に近いものが

おススメですよ☆


赤ちゃんがスプーンですくいやすいです



参考にしてみてくださいね




LINEで更新通知が受け取れます。
ぜひ登録してくださいね




離乳食、食べすぎて心配です。。。②


離乳食インストラクターの河崎です。




前回の記事の続きです





食べ過ぎてしまう赤ちゃん。



機嫌や便の様子が変わらなければ基本的には食べさせてOKです



でももしかしたら沢山食べるのには原因があるのかもしれません。




考えられる原因を挙げますね☆


 
・ 赤ちゃんが食べさせてもらうのを待っている。

・ 与えるスピードがはやすぎる

・ 噛まずに飲み込んでいる

・ 食べさせたものが小さすぎたり柔らかすぎる


などの理由が考えられます。



ママの与えるスピードがはやすぎると

赤ちゃんは

早く口を開けないとっっっっ!!

と早食いになったり噛まずに飲み込んだりします。


赤ちゃんの食べるペースに合わせて

与えてみてくださいね。



また赤ちゃんに合っていない大きさや固さの食材を与えると

満足感を得にくいということも考えられます。



では出来る対策を考えてみましょう☆


・スプーンに乗せる量を減らしてみる

・汁物をたっぷり与える(薄味にしましょうね)

・噛みごたえのある食材を出す

・赤ちゃんに合った大きさ、固さのものを与える




「おいしいねー」

「次はどれ食べるー?」

など、沢山話しかけながら与えるのも

ゆっくり食べさせるのには有効ですよ。



食べ過ぎで心配になることもあるかと思いますが、

赤ちゃんの食欲には波があります。


食べ過ぎるときもあれば

いきなり食べなくなることもあります。


そんなことを繰り返しながら進んでいくものだと

思います。


あまり悩まず、少しずつ進めていってくださいね


ママの笑顔が一番の栄養ですよ






LINEで更新通知が受け取れます。
ぜひ登録してくださいね





離乳食、食べ過ぎで心配です。。。


離乳食インストラクターの河崎です。




息子を寝かしつけ、コーヒーを飲みながら仕事中です





さて、ママ達に多い疑問のひとつ。


「もっと欲しいと泣くんです」

「食器を片付けると怒る」

「足りていないみたいで」

「目安量より多く食べてもいいんですか」



赤ちゃんの食べる量が少ないと悩むママも多いですが、

食べ過ぎる赤ちゃんにどう対応したらいいのか悩むママも

多いようです。




食べる量は基本的には赤ちゃんに任せてOKです。


が、離乳食を初めて間もない赤ちゃんは

目安量を守ったほうが安心です。

初期はまだ食べ物に内臓が慣れていません。

沢山食べてしまうと内臓に負担がかかってしまいます。



では、中期以降の赤ちゃんは?


まず、体重の増え方を確認してみましょう。


母子手帳に成長曲線が載っているかと思います。



体重の増え方が成長曲線に沿っていて、

下痢や嘔吐がなければ

目安量より多く食べていても大丈夫ですよ



赤ちゃんの食べたい量が適量です。


でも、気を付けてほしいこともあります。



・ 塩分や糖分に気をつける

量をたくさん食べると、自然と塩分や糖分の摂取量が

増えてしまいます。

薄味を心がけましょう。


・ タンパク質は目安量を守る

たくさん食べる赤ちゃんでも、内臓はまだまだ未熟です。

タンパク質は消化の時に内臓に負担がかかるので

与えすぎは禁物です。



この2つは特に注意してくださいね^^



とは言うものの、食べ過ぎるるのには

原因があるのかも。。。


次の記事で考えられる原因と解決策を紹介しますね





LINEで更新通知が受け取れます。
ぜひ登録してくださいね




離乳食期に常備したい食材③


離乳食インストラクターの河崎です。




暖かい日が続いていますね。

桜も見頃になってきましたね

昨日は息子と鶴舞公園に散歩に行きました。

沢山の人で賑わっていましたよ^^




さて、離乳食期に常備したい食材シリーズその3です☆

その1

その2


今日の食材は【すりごま】です。


離乳食を始めて少し経ってくると

メニューのマンネリ化に悩むママも多いようです。


そんな時にすりゴマはすごく役立ちますよ^^

簡単に風味付けができる食材です。



普通のゴマは気管に入ってしまう恐れがあるので

与えるのは控えてくださいね。


またゴマはアレルギー症状を引き起こす可能性があるので

極少量から始めて様子を見ながら与えてくださいね☆

病院の開いている時間も確認してからがおすすめですよ。


ただ、ゴマのアレルギーが心配なママもいらっしゃると思います。

ゴマは絶対食べないといけない食材ではありませんし、

食べなかったからと言って栄養不足になる食材でもないので

心配な場合は1歳を過ぎてからでも構いませんよ

1歳以降もすり潰してから与えてくださいね。


ママが安心して与えられる時期から始めてください☆




いつから与えてもいいの?

一般的には中期からOKとされています。

目安としては、離乳食を始めて2か月が経ったくらいからにしましょう。

必ずすり潰してから与えましょうね。


ゴマの皮は食べさせてもいい?

皮は消化が悪いので、内臓機能の未熟な赤ちゃんには

負担が大きいかもしれません。


皮を剥いてあるすりゴマも売っていますので

活用してみてくださいね。



LINEで更新通知が受け取れます。

ぜひ登録してくださいね



プロフィール
LINE読者登録はこちら
LINE読者登録QRコード
ブログ内記事検索