名古屋市中区東区☆ママの習い事☆赤ちゃんの味覚を守るおいしい離乳食・幼児食教室

【愛知県・名古屋市中区・東区・昭和区・千種区】 離乳食インストラクター協会認定講師が開催する離乳食教室です。 基本的なことから学びたい! 進め方が分からない! 離乳食をもっと詳しく知りたい! うまく進まなくて困っている! など、色々な要望にお応えする講座、教室を開催しています。 ママ友との参加もパパとの参加も大歓迎☆

名古屋市の中区・東区・千種区を中心に離乳食講座を開催しています。

「離乳食はいつから?進め方は?」「食べない。遊び食べ。」など色々な疑問や悩みを解決しましょう。

保健所や小児科以外で離乳食を学んでみませんか?

募集中の講座はこちら☆
http://nagoya-rinyushoku.blog.jp/archives/7628238.html

顆粒だしは使ってもいいですか?


離乳食インストラクターの河崎です。



離乳食に顆粒だしって使ってもいいんでしょうか?


本当はだしは
昆布や鰹節でとって頂きたいところです。

でも、
どうしても時間が取れない時、
毎日の離乳食作りにちょっと疲れてしまった時。


たま〜にだったらだしパックなら
取り入れてもいいかなと私は思っています。



じゃぁ顆粒だしはどうでしょう?


顆粒だしって約30%が塩分なんです

そのまま舐めてみると
案外しょっぱかったりします。

内臓機能が未熟な赤ちゃんには
ちょっと負担になって、しまうかもしれないですね。


またスーパーなどでよく見かける「ほんだし」。

実は小麦粉が入っているものもあるんですよ!


アレルギーの心配な方は特に気を付けてくださいね



だしパックの場合も、原材料をよく見て購入してくださいね(^^)




原材料の部分、下の画像は色々入っていますよね

塩分、糖分、化学調味料。

心配ですよね


ここに更に調味料を入れて食べるとなると
味付けが濃くなってしまう可能性もあります。

表のパッケージだけでは分からないので
裏返して表示を見てみてくださいね(^^)


ちなみに、大手メーカーから出ている
赤ちゃん用の顆粒だし。

原材料に「食塩」と記載されていますよ。


もちろん絶対ダメではありません。


選ぶのはママです


ただ、水にしてもだしにしても
何も知らないで選ぶのと、
メリットデメリットを理解して選ぶのでは
全然違うと思います


ママが納得して使えるもを
選んでくださいね







硬水と軟水の見分け✳︎


こんばんは!

離乳食インストラクターの河崎です(^^)



だいぶ暖かくなりましたね!

洗濯物がよく乾くので嬉しいです



さて、ミネラルウォーターの
「硬水と軟水の見分け方」についてです。


ミネラルウォーターを買う時に
裏の表示を見たことってありますか?


軟水か硬水か分かるように
きちんと表示されているんですよ◡̈


一部を紹介しますね(^^)






硬度の数値がそれぞれ違いますね。

WHO(世界保健機関)の基準では
120mg/L以上を硬水、
120mg/L以下を軟水と定められています。

一般的には
硬度0〜100mg/Lを軟水、
101〜300mg/Lを中軟水、
301mg/Lを硬水と分けることもあるそうです。


どちらにしても最後の画像は硬水。

つまり赤ちゃんには避けたいものになります。


どうしてもミネラルウォーターしか手に入らない場合は
硬度の少しでも低いものをおすすめします◡̈

ちなみに調乳に使う場合は
硬度60mg/L以下が推奨されています。


必ず表記があるので
何種類かある場合は硬水の低いのを
ひとつの基準として選んであげてくださいね!



赤ちゃんにミネラルウォーターはのませてもいい?


こんばんは!

離乳食インストラクターの河崎です。




さて今日はミネラルウォーターについて。

watermark



赤ちゃんにミネラルウォーターってあげてもいいんでしょうか?



結論から言うとあまりおすすめ出来ません。


内臓機能が未熟な赤ちゃんはミネラルを体外に排出することが出来ません。

その為に体調を崩してしまうこともあるんですよ。


・・・・・・水をあげたいときはどうすればいいの?

薬局で「純水」や「ピュアウォーター」が売られていますね

もしも水を飲ませる場合はそちらをおススメします。


・・・・・・ミネラルウォーターはいつから飲めるの?

何歳からOKという明確な決まりはありません。

赤ちゃんの内臓機能は2~3歳に発達するといわれていますが、
正常に機能するのはまだまだ先のことになります。

出来れば小学生以降をオススメします^^



・・・・・・・ミネラルウォーターしか手に入らない時はどうしよう。。。


ミネラルウォーターには「軟水」と「硬水」があります。


ではこの2つ、何が違うのか見てみましょう☆


水1L中に含まれるミネラルの量を表す度合いを「硬度」と呼びますが
この硬度が高いか低いかで軟水か硬水かが決まります。


ではもし飲ませるなら赤ちゃんにはどっちがいいのでしょう??


正解は「軟水」です。


硬水は内臓に負担になるので避けましょう。


また殺菌処理は、加熱処理と非加熱処理がありますが
最近は非加熱処理のものも多く出回っているようです。

赤ちゃんに与える場合は加熱処理されているものが安心ですね。

余裕がある場合は、一度沸騰させると更に安心ですね




次の記事で軟水と硬水の見分け方をお伝えしますね




LINEで更新通知の受け取りが可能です。



調理器具の消毒はいつまでしたらいいの?


離乳食インストラクターの河崎です!



離乳食に使う食器や調理器具っていつまで消毒したらいいんでしょうか?

そもそも絶対消毒って必要なんでしょうか?

osara_color



疑問を持っているママは案外多いようです。


一般的には離乳食の始まる時期の赤ちゃんは

・いろんなものに興味を持ち、口に入れたりすることで
 菌に接触する機会が増える

・多少の菌に対しては抵抗力がついてくる


という理由から消毒をしなくでも大丈夫と言われていますね♪


もちろんそれも正解です



でも、ママが心配なのであれば消毒をすることをおススメします。


特にたんぱく質を摂るようになったら、生もの扱う機会も自然と増えてきます。

お肉や魚を扱った後はしっかりと熱湯消毒をしてあげましょう。

まな板は野菜用と生もの用を分けるのもひとつですね

包丁は柄の部分まで菌が付くこともあるので注意が必要です。



消毒するときもしない時も

・使ったらすぐに洗う

・洗剤をしっかり流す

・しっかり乾燥させる


この3つは大切にしてほしいなぁと思います^^





LINEで更新通知が受け取れます^




ヨーグルトはいつから食べられますか?



離乳食インストラクターの河崎です。




今日はヨーグルトについて☆

IMG_7400


舌触りがいいので赤ちゃんにはピッタリですね

ヨーグルトには便秘の解消やカルシウムの補給などの効果があります。



ではいつから食べられるのでしょうか?

初期から与えてもいいよという説もありますが
タンパク質をあげ始めた中期をおすすめします^^

加熱は必要ありません。(賞味期限の確認大事です!!)
 



目安量は中期の赤ちゃんで1日50g。

ただ赤ちゃんによってはおなかが緩くなってしまうこともあるので
様子を見ながら適量を探してみてくださいね。



ヨーグルトを選ぶ時はプレーンヨーグルトがおすすめです


砂糖の入ったヨーグルトは赤ちゃんには向きません。

赤ちゃん用のヨーグルトもスーパーには並んでいますが
個人的にはおすすめできません。。。


すっごく甘いんです。

ヨーグルト部分に砂糖は入っていないようですが
野菜や果物のソース部分に砂糖が使われているようです。(HPより)


また、プレーンヨーグルトとして売っているものにも
原料にゼラチンや砂糖が入っているものもあるので
原料の確認をしてくださいね。


ヨーグルトは慣れてきたら
マヨネーズの代わりとして使えるので便利ですよ☆



酸味があるのでもしかしたら嫌がる赤ちゃんもいるかもしれません。

そんな時はサツマイモやかぼちゃなどの
甘みのある野菜と混ぜてみてはどうでしょうか


我が家ではきな粉で食べることが多いですよ




LINEで更新通知が受け取れます☆
ぜひ登録してくださいね


レシピ☆りんごとにんじんのすりおろし【初期】




離乳食インストラクターの河崎です。



今日はレシピの紹介です。



初期の赤ちゃんみにむけた離乳食です。


リンゴとにんじんのすりおろし

<材料>
 りんご      10g
 にんじん   10g


1、にんじんを茹でて裏ごしする
  IMG_7389

  IMG_7390


2、りんごは皮をむいて摩り下ろす
  IMG_7391


3、1と2を混ぜ合わせる
   
    IMG_7396


リンゴは生のままでも食べられますが、
加熱するとアレルギーを起こしにくくなりますよ。

加熱することで甘みも増します


にんじん、りんご共に整腸作用があるので
下痢の時にもおすすめのレシピです^^


ぜひ取り入れてみてくださいね!






プロフィール
LINE読者登録はこちら
LINE読者登録QRコード
ブログ内記事検索