名古屋市中区東区☆ママの習い事☆赤ちゃんの味覚を守るおいしい離乳食・幼児食教室

【愛知県・名古屋市中区・東区・昭和区・千種区】 離乳食インストラクター協会認定講師が開催する離乳食教室です。 基本的なことから学びたい! 進め方が分からない! 離乳食をもっと詳しく知りたい! うまく進まなくて困っている! など、色々な要望にお応えする講座、教室を開催しています。 ママ友との参加もパパとの参加も大歓迎☆

名古屋市の中区・東区・千種区を中心に離乳食講座を開催しています。

「離乳食はいつから?進め方は?」「食べない。遊び食べ。」など色々な疑問や悩みを解決しましょう。

保健所や小児科以外で離乳食を学んでみませんか?

募集中の講座はこちら☆
http://nagoya-rinyushoku.blog.jp/archives/7628238.html

┣ 離乳食中期

【初期・中期】レシピ☆冬瓜の煮物


名古屋市中区の離乳食インストラクターの河崎です。




今日は冬瓜を使ったレシピを紹介します。 



p_06173




冬瓜は冬の瓜と書きますが

夏の野菜です。



初期から食べられるので夏の離乳食にぴったりですよ



まず下ごしらえとして瓜は種の部分と皮を取り除きましょう。



【初期】

① 冬瓜を軟らかくなるまで昆布出汁で茹でる

IMG_8521


② 取り出して裏ごしする

IMG_8525


③ 器に盛って完成です

IMG_8528


もしもう少し水分があった方が食べやすそうだなと感じたら

昆布だしを足してみてくださいね。




【中期】

① 冬瓜をかつお昆布出汁で指で潰せるくらいになるまで茹でる

IMG_8523


② 冬瓜をみじん切りにする


③ かつお昆布出汁に戻し、片栗粉でとろみを付ける

IMG_8529


④ 器に盛って完成

IMG_8530




初期から中期に移行したての頃は

裏ごしとみじん切りを半分ずつ与えると

スムーズかなと思います。




中期も終わりかけにさしかかってきて

細かいみじん切りがスムーズに食べられるようになったら

3mm角ぐらいの大きさでも挑戦してみてくださいね




冬瓜は夏の火照った体を冷やす効果もあるし、

裏ごしもしやすいのでぜひ離乳食に取り入れてみてくださいね!



今回のレシピでは

「昆布出汁」と「かつお昆布出汁」を使いましたが、

離乳食期に使える出汁は他にも数種類あります。。



また出汁の組み合わせ方によって

旨味が何倍にも増したりします。



美味しい出汁は素材の味を引き立ててくれるし

調味料も少量で十分に美味しく仕上がりますよ。



そんなお出汁の講座を

7月1日に開きます。


詳しくはこちらのページをご覧くださいね。


離乳食に使える!カンタン&便利な「ホンモノの出汁」講座


ママともとの参加も大歓迎です




LINEで更新通知が受け取れます。    

ぜひ登録してくださいね   

   


レシピ☆豆腐と小松菜のだし煮【中期】


離乳食インストラクターの河崎です。




息子は今日も元気に公園でボール投げ。

日に日に成長していきます

-------------------------------------------------

現在募集中の講座はこちら 

→→→赤ちゃんの体調が悪い時の離乳食
 
--------------------------------------------------

次回認定講座は8月に開催します。
 
→2級認定講座の詳細・お申し込みはこちら
http://peatix.com/event/154686/

→1級認定講座の詳細・お申し込みはこちら
http://peatix.com/event/154691/


☆☆前回の2級認定講座の様子
-------------------------------------------------  



<材料>  小松菜(葉のみ)   15g
              絹ごし豆腐          30g
              かつお昆布だし


① 小松菜をかつお昆布だしで柔らかく煮て、みじん切りにする

② 豆腐を3mm角に切り、かつお昆布だしで煮る

IMG_7634


③ ①と②を混ぜ合わせ、片栗粉でとろみをつける

IMG_7662



小松菜はみじん切りじゃなくでペースト状でも構いませんよ^^

赤ちゃんがベーっと出してしまうようであればペースト状も試してみてください。

 ペースト状
   ↓
ペースト状とみじん切り半分ずつ
   ↓
みじん切り

と少しずつステップアップしてみてくださいね

 



LINEで更新通知が受け取れます。
ぜひ登録してくださいね。




卵の与え方


離乳食インストラクターの河崎です。




先日、食に関するセミナーに参加してきました。


色んな新しい知識を仕入れてきたので
講座に来てくださった皆さんに還元していきますね


-------------------------------------------------

現在募集中の講座はこちら 
→→→赤ちゃんの体調が悪い時の離乳食
 
--------------------------------------------------

次回認定講座は夏に開催予定です。 
                    ↓ 
詳しくはこちらをご覧くださいね


2級認定講座のお申し込みはこちら
http://peatix.com/event/154686/

1級認定講座のお申し込みはこちら
http://peatix.com/event/154691/
-------------------------------------------------  


さて前回の記事に関連して

もう少し卵についてお話しますね☆


卵はいつから食べられるのでしょうか?


卵黄と卵白では時期が違うので注意してくださいね!



まず卵黄は7.8ヶ月頃というのが一般的です。

*離乳食を始めたのが6ヶ月頃だよーという赤ちゃんは
 8ヶ月頃から与えましょう^^


月齢というよりは
「離乳食を初めて2ヶ月経ったころ」
を目安にされるといいと思います



最初は卵黄を少量与えます。


1歳までは茹で卵がおすすめですよ。

理由は火が通っているかどうかが一目で確認出来るからです
IMG_7528


かたゆで卵が出来たら黄身を取り出して粗くつぶします。
IMG_7529
この状態で与えても構いませんが
ぼそぼそとしているので嫌がる赤ちゃんもいるかもしれません。



なので最初はお湯や湯冷まし、育児用ミルクで伸ばしであげましょう。
IMG_7530


ごく少量から与えてみてくださいね。


慣れてきたらお粥に混ぜてもいいですね。

 

プロフィール
LINE読者登録はこちら
LINE読者登録QRコード
ブログ内記事検索