名古屋市中区東区☆ママの習い事☆赤ちゃんの味覚を守るおいしい離乳食・幼児食教室

【愛知県・名古屋市中区・東区・昭和区・千種区】 離乳食インストラクター協会認定講師が開催する離乳食教室です。 基本的なことから学びたい! 進め方が分からない! 離乳食をもっと詳しく知りたい! うまく進まなくて困っている! など、色々な要望にお応えする講座、教室を開催しています。 ママ友との参加もパパとの参加も大歓迎☆

名古屋市の中区・東区・千種区を中心に離乳食講座を開催しています。

「離乳食はいつから?進め方は?」「食べない。遊び食べ。」など色々な疑問や悩みを解決しましょう。

保健所や小児科以外で離乳食を学んでみませんか?

募集中の講座はこちら☆
http://nagoya-rinyushoku.blog.jp/archives/7628238.html

常備したい食材

離乳食期に常備したい食材③


離乳食インストラクターの河崎です。




暖かい日が続いていますね。

桜も見頃になってきましたね

昨日は息子と鶴舞公園に散歩に行きました。

沢山の人で賑わっていましたよ^^




さて、離乳食期に常備したい食材シリーズその3です☆

その1

その2


今日の食材は【すりごま】です。


離乳食を始めて少し経ってくると

メニューのマンネリ化に悩むママも多いようです。


そんな時にすりゴマはすごく役立ちますよ^^

簡単に風味付けができる食材です。



普通のゴマは気管に入ってしまう恐れがあるので

与えるのは控えてくださいね。


またゴマはアレルギー症状を引き起こす可能性があるので

極少量から始めて様子を見ながら与えてくださいね☆

病院の開いている時間も確認してからがおすすめですよ。


ただ、ゴマのアレルギーが心配なママもいらっしゃると思います。

ゴマは絶対食べないといけない食材ではありませんし、

食べなかったからと言って栄養不足になる食材でもないので

心配な場合は1歳を過ぎてからでも構いませんよ

1歳以降もすり潰してから与えてくださいね。


ママが安心して与えられる時期から始めてください☆




いつから与えてもいいの?

一般的には中期からOKとされています。

目安としては、離乳食を始めて2か月が経ったくらいからにしましょう。

必ずすり潰してから与えましょうね。


ゴマの皮は食べさせてもいい?

皮は消化が悪いので、内臓機能の未熟な赤ちゃんには

負担が大きいかもしれません。


皮を剥いてあるすりゴマも売っていますので

活用してみてくださいね。



LINEで更新通知が受け取れます。

ぜひ登録してくださいね



離乳食期に常備したい食材②


離乳食インストラクターの河崎です!




育児と仕事でバタバタな毎日が続いております。



しっかり更新していきますね

-------------------------------------------------

現在募集中の講座はこちら 
→→→赤ちゃんの体調が悪い時の離乳食
 
--------------------------------------------------

次回認定講座は夏に開催です。
 
→2級認定講座のお申し込みはこちら
http://peatix.com/event/154686/

→1級認定講座のお申し込みはこちら
http://peatix.com/event/154691/


☆☆前回の2級認定講座の様子
-------------------------------------------------  


離乳食期に常備したい食材第2弾です☆

第1弾はこちら


2つ目は「きな粉」です。

img_y-kinako3


きな粉は大豆を煎った後に砕き、粉にしたものです。


青大豆から出来ておるうぐいす色のきな粉もありますね。


大豆は畑の肉と呼ばれるくらい栄養がたっぷりです。


お粥に混ぜてきな粉粥にするのも良し、
イモ類に混ぜるも良し
ヨーグルトに混ぜるのも良し、
パン粥に混ぜるのも良し。

混ぜるだけで簡単に一品増やせますよ。



ただ、大豆はアレルギーの心配もあるので

あまり早くから与えすぎないようにしてくださいね。


白身魚や豆腐に慣れた中期頃がおススメですよ


豆腐ではアレルギー反応が出なくても

大豆そのもののきな粉では反応が出る事例もあるようなので

食べさせるときは時間帯や分量に気を付けてくださいね。


粉の状態で与えると器官に入ってしまう可能性があるので

必ず湿らせて与えてくださいね




LINEで更新通知が受け取れます。
ぜひ登録してくださいね。






離乳食期に常備したい食材①


離乳食インストラクターの河崎です。




離乳食期に常備したい食材を紹介します。

まずは【青のり】

IMG_7552


青のりにはミネラルや鉄分がたっぷり含まれています。


少量入れるだけで風味づけになるし彩りもアップします


あおさでも構いませんが、青のりの方が香りが豊かですよ^^


では、いつから食べられるのでしょうか?


おススメは中期からです。


最初はお粥やジャガイモに混ぜたり
スープに入れるなどして取り入れてみてください。


器官に入ってはいけないので
必ず何かに混ぜてくださいね。


おやきに入れたり、
豆腐と和えたりするのもおススメですよ。





LINEで更新通知が受け取れます。
ぜひ登録してくださいね。






プロフィール
LINE読者登録はこちら
LINE読者登録QRコード
ブログ内記事検索